Cherry Blossom Ohkansakura

東区の早咲き桜並木、金城学院高校と敷島パンの間を南へ、貞奴邸、飯田町を通り桜通りに抜ける市道の街路樹、桜が咲き始めました。大寒桜と寒緋桜。例年に比べ遅かった昨年より更にちょっと遅め。今週半ばから週末が見ごろか、お出かけください。

[googlemap lat=”35.175176401503464″ lng=”136.91752195358276″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”16″ type=”G_NORMAL_MAP”]愛知県名古屋市東区泉2丁目24[/googlemap]

カテゴリー: その他 | コメントする

神明社の梅花

赤塚神明社のパソコンサロン、今月はデジカメ講座。
境内にある紅白のしだれ梅が満開。
コンデジのチューリップマーク・接写機能活用を本日のテーマに、
皆で梅花をアップ撮影。

梅花01

梅花04

梅花03

カテゴリー: まちの歳時記, | 1件のコメント

2012名古屋ウィメンズマラソン

今年の3・11、名古屋はウィメンズ・マラソン、好天気。オフィスに出勤途上、交通規制で桜通りが渡れない。それならとゴール前5キロ地点の高岳で観戦。目の前で見るとずいぶん速い。あっという間に走りすぎた。12IMG_0417okオリンピック選考がかかった二人の争い。向こう側車線を走るは市民ランナーたち。1万5千人参加の長い列。

カテゴリー: その他 | コメントする

私の往く年、来る年

紅白歌合戦が終わるころ家を出る
除夜の鐘は建中寺、その後赤塚の神明社で初詣
本年もよろしくお願いします

カテゴリー: その他 | 1件のコメント

動画映像あらためて公開 その2

なごやまつり わらべうた

カテゴリー: その他 | コメントする

動画映像をあらためて公開しました

金城学院大学後藤ゼミで撮影・制作された東区の映像集、Youtube経由であらためて公開します。 ご覧になってください。

1・2008年 区政100周年記念事業「東区100年の歩み」

2・2010年 「歩こう文化のみちスタッフインタービュー」前篇

3・2010年 「歩こう!文化のみちスタッフインタビュー」後篇

4・2010年 ひがしネット提供ミニコンサート 於文化のみち百花百草

5・ひがしチャン 加美さん

6・ひがしチャン 斉藤さん

カテゴリー: その他 | コメントする

10日24時、ベランダに出て真上

東区泉1丁目、名古屋の都心でも見えました。撮ってみました。1112102400IMG_5900

カテゴリー: その他 | コメントする

シルバー趣味の作品展 始まる

今年も、東区在住シルバー層による作品展が区役所4階特設会場で始まります。
本日12月6日、13時から搬入と飾り付けが行われました。会期は12月7日(水)から9日(金)までの3日間。皆さん、見に行きましょう。20111206シルバー作品展

カテゴリー: まちの歳時記, | コメントする

オリジナル缶バッジつくり

「歩こう!文化のみち」でイベントを担当した我がチーム「ひがしネット」は来場客に、オリジナルデザインの缶バッジを記念品としてお渡しすることにした。メンバーの一人が別のイベントでそれをやり好評だった、またオリジナル缶バッジの作り方、パーツ購入先を知っており更に工具保有者から使用の内諾も得ているとのラッキーな提案に皆賛成。(バッチorバッジ、缶バッチorピンバッジ日本語ではいろんな表現があるようですが・・・とりあえず缶バッジで)缶バッチ写真 缶バッチ工具

 先ずデザイン、33ミリ径の円に収まるようイベントとチーム名、絵柄を入れようと皆で知恵を絞る。結果として「絆。つながる人とまち」今年のキャッチフレーズの文字パターン、貞奴邸・主税町教会など文化のみち風景画パターン、子ども用には愛知県立商業高校の女子高生による可愛いイラスト、9種類のパターンが出来上がる。どれもオリジナルで良い出来。手作りの利を生かし多品種生産で行こうと全て使うことに。かくして70個づつ9種、計630個を作った。

 当日の会場、おかげで我々がコミットしたイベント「あなたの笑顔を・・・」「パソコンペイント風景画展」は大賑わい、お昼すぎには全て無くなった。

 好評を得たオリジナル缶バッチ630個、全て自分たちの手作り。先ずA4の紙に約30個分のデザインパターンを印刷。21枚。パソコン作業の後は、33ミリ径のパンチ工具で一個一個(1枚1枚)打ち抜く。

 購入したパーツは4種類。①丸型透明プラ板、②台部金属、③底板金属、④粘着テープ付き安全ピン

 表面のかしめ・・・①と②の間に打ち抜いた絵柄を鋏み専用の工具でかしめる、手動。次に③の底板金属を底板用金型に入れ、先にかしめた表面と一体になるようかしめる、これも手動(表面用と底板用の2つの金型はロータリー式に入れ替わる)・・・これで缶バッチ本体は出来上がる。底板の裏面に④を貼り付け出来上がり。

 打ち抜き、かしめ(2回)、貼り付け仕上げ・・・よくある製造業の工程だ。専用工具とパーツ類の段取り、今回は全て人力作業の上、630個と数が多い。3人で分業すれば効率的と思えど、時間調整が出来ず、約400個を一人作業でこなした。

 工具の配置、パーツの並べ方、パンチとかしめ工具への力のかけかたなど試行錯誤を繰り返す。慣れてきてちょっと気を抜くと①のパーツを2枚重ねたり、③の裏表逆やら透明プラ入れ忘れ、デザインのズレなど、オシャカ発生。どのくらい集中したらオシャカを作らず歩留まりを上げ且つ生産性向上するか?人力による単純繰り返し作業の品質確保と生産性向上に頭を巡らしつ、さらに自動化のイメージもと、手作業と頭の体操、製造業ゴッコを楽しんだ。

カテゴリー: ひがしネット, ボランティア活動 | コメントする

我が家の前も通りました

名古屋まつり、市役所に出陣する東区が誇る5車の山車、
行列を作り外堀通りを西に進む。太鼓と曳き手の掛け声に
急いで家を飛び出す。「行ってらっしゃい」と見送る。
毎年のこと。
IMG_5806

カテゴリー: まちの歳時記, | コメントする